相手に「伝えること」の難しさに日々奮闘

   4月に入社2年目を迎えた薗田さん。1年目から、開発業務だけでなく、お客さまのサポート業務もこなす彼女に、今の業務の「難しさ」と「今後なりたい自分」について聞いてみました。

thumbnail
薗田 美穂 2016年入社
<これまでの経歴>
新人研修終了後、自社サービスのボーカル教室サイトの運用・サポート、某会計システムの運用を経て、現在は、保守案件2件、新規サイト構築案件1件に携わり、開発業務の傍ら引き続きお客さまサポートを行う。

---現在の業務について教えてください。


「今の業務は保守案件が2件。新規開発案件が1件の合計3案件に携わっています。保守案件では、CMSを使って画面を作ったり、PHPで管理画面のパーツなどを追加する開発を行っています。新規開発案件では、同じくCMSを使ったWEBサイトの構築になります。現在は要件定義のフェーズに携わっています。」


---なるほど。一緒に案件に入っている先輩はいますか?


「案件によりますね。1人で業務を行っている案件もありますが、仕様書やプログラムコードのレビューや、作業の進め方については、先輩方に教えていただいてます。具体的な作業、例えば開発だったり、お客さまへのシステムなどの仕様説明は先輩方にフォローしてもらいながら進めています。」


---まだ入社後一年も満たないうちから、お客さまと関わりながら業務を進めているんですね。不安になることはありますか?


「それはありますね(笑)。一年目ということもあり、あまり知識のない自分が、お客さまと関わりながら仕事するのは、不安に思うことがありますが、先輩方にフォローしてもらいながら作業を進めていますし、お客さまと同じ目線に立てるということと、「気づき」を得られることや仕事にやりがいを感じることも多いです。」


---どんなときにやりがいを感じたりしますか?


「そうですね、「やりがい」ではないかもしれませんが、今の業務はお客さまと対話しながら業務を進めることが多いので、相手に自分の考えを伝えるということがとても重要になっています。私は、その部分が少し苦手なので、どう伝えれば分かりやすいか考え、メールだけだと伝わりにくく、読み手側からすると、少しぶっきらぼうに見えがちなので、お客さまへメールした後に電話でフォローして対応することを心がけています。それでお客さまに納得していただけると「良かった」と思うことが多いですね。」


---そうなんですね。小さな心がけで、お客さまから信頼を得られることもありますよね。
今後「やってみたいこと」や「こんな風になりたい」などあれば、教えてください。


「やりたいことは、今少しづつ行っている開発業務ですね。学生の頃からCを使って研究を行っていましたが、プログラミングの技術はまだまだです。今後は、様々な言語で開発できるようになりたいです。特に挑戦したいのはJava開発で、新人研修時に少しやってみて面白かったので。今回新規案件の中でJavaを使って開発を行うので、とても楽しみにしています。

こんな風になりたいというのは、以前一緒に働いていた先輩のようになりたいです。普段は優しいのですが、仕様書やソースコードレビューをしてもらった際、誤りや注意点など的確に指摘してもらいました。また、お客さまとの関わり方も、相手の立場に立っていて、とても丁寧だったので。そういった部分が私には不足していて、まだまだ勉強しなければならないなと思っています。その先輩が心がけていたことを吸収して、成長していきたいです。」

※本インタビューは、2017年04月時点の内容です。