新人一年目で開発工程を学び、得たものとは

   入社してから開発の主要メンバーとしてプロジェクトに携わる金子くん。これまで新しい知識を吸収しながら開発を進める中で「得られたこと」や「今後身につけたい力」について聞いてみました。

thumbnail
金子 拓矢 2017年入社
<これまでの経歴>
入社後研修を経て、いくつかのWebサイトの構築プロジェクトに携わり、現在は、教育関連のWebサイトリニューアルの中心メンバーとして、開発に携わる。

---現在の業務について教えてください。


「今は、「HeartCore」というWebサイトを管理するためのCMSパッケージツールを使ったWebサイトのリニューアルに携わっています。既に別のCMSで管理されているWebサイトを「HeartCore」に移行しリニューアルする中で、私が主に担当しているのは、HeartCoreの基本設定やオプション機能の導入支援です。」


---これまで、どのようなWebサイトの構築プロジェクトに携わってきましたか?また、どのような立ち位置で関わっていますか?


「これまで、業種でいうと不動産業のWebサイト構築を2件、現在は教育関連のWebサイトの構築を行ってきました。

不動産関連のプロジェクトでは、イベント情報やコラムを掲載するWebサイトをリニューアルしたり、物件情報を掲載するWebサイトを新規開発するプロセスで、プログラマーやテスターとして携わっていました。

また、現在携わっている教育関連のリニューアルプロジェクトでは、HeartCoreのオプション機能の導入部分について、お客さまと一部要件をどのように実現するか調整するところから実装・テストまでを担当しました。」


---現在は技術者としてプロジェクトに携わっているんですね。では、中でも印象に残っていることや、そこで得たものがあれば教えてください。


「現在携わっているプロジェクトで、一つの機能において要件定義から導入まで携わったという点では、開発の一連の流れを経験できたということでリリース後の達成感も強く、とてもいい経験になりました。

中でも、今回のプロジェクトではHeartCoreにブロックテンプレートというオプション機能を追加しました。ブロックテンプレートは、あらかじめパーツとなるHTML(ブロック)を登録しておき、複数組み合わせることでページの作成を簡単にできる機能です。ブロックを使い回してページを作成するので、デザインを統一することができます。

このオプション機能の導入では、仕様とお客さまの要件をどのようにして一致させるかを考えて、カスタマイズする部分では非常に悩みましたが、先輩方にサポートしていただき、無事リリースすることができました。」


thumbnail03

「得られたことは、限られた工数の中でどのようにしたらお客さまのご要望を実現出来るのかを考えるようになったことです。現在のプロジェクトでは、可能な限り標準機能を利用し、カバーしきれない部分をどのようにして実現するか、最小限のカスタマイズや運用で実現出来るのかについて検討しました。CMS導入において基本的なことだとは思いますが、プロジェクトを通して、その意識が強くなりました。」


---そうなんですね。これから携わるプロジェクトでも役立ちそうですね。先輩方からはどのようなサポートがあったのでしょうか?


「社内にはHeartCoreに深い知見を持つ先輩方がたくさんいらっしゃるので、技術的な部分や開発の進め方について一から丁寧にご指導をいただきました

事前にどのように質問すれば相手に伝わのるかを考え、直接、先輩方と対話することで自分の知りたい部分についてさらに理解を深めることができました。

それ以外では、チャットツールを使っています。チャットツールは、すぐに返事をもらわなくてもいいときに使います。質問に対して誰かが必ず反応してくれるので、こちらの作業が止まることもなくスムーズにやり取りができますし、あとで自分や、別の誰かが質問した内容を確認するための知識の共有の場としても利用しています。」


---シチュエーションによってコミュニケーションの取り方を分けてるんですね。今後身につけたい力などあったら教えてください。


「今は、先輩方にプロジェクトの進め方や実装の諸々までフォローしていただいていますが、いずれは自分からお客さまにご提案し、プロジェクトを推し進めることが出来るまでに知識を身につけることが出来ればと思います。」

※本インタビューは、2018年03月時点の内容です。