身につけたスキルを後輩へつないでいく

   要件定義から開発、保守運用まで、様々な開発工程で活躍する宮島くん。お客さまと仕事を進める中で、得られた知識や、これまでの経験から宮島くん自身が意識的に変化したことについて聞いてみました。

thumbnail
宮島 聡一郎 2015年入社
<これまでの経歴>
部署配属後、大手ショッピングサイトリニューアルの開発業務に携わる。その後、追加開発プロジェクトのリーダーとして経験を積み、現在は開発・保守・技術支援など、様々なプロジェクトに携わる。

---現在の業務について教えてください。


「担当している業務は全てWebサイトを管理するためのCMSパッケージツール「HeartCore」の導入支援で、「保守・運用」、「追加開発」、「技術支援」と大きく分けて3つになります。

まず保守・運用では、すでにHeartCoreを導入済みのWebサイトの保守・運用作業で、プログラムの軽微な修正や運用業務の代行などを行っています。

次に追加開発では、Webサイトの仕様変更や機能追加などお客さまのやりたいことに対して実現方法をご提案しながら追加開発をしています。

技術支援では、弊社ではHeartCoreを導入する際に、お客さまの情報システム部門や、運用会社で構築するパターンも多く、その支援をするというスタイルの仕事も増えています。」


---技術支援では具体的にどのような作業をしているのでしょうか?


「例えば、お客さま自身で構築を行う場合、HeartCoreの概念やコンテンツの管理方法の説明、開発に必要な設定や機能の操作手順のレクチャー、それ以外にもお客さまから、実装したいページや機能をヒアリングして、HeartCoreでどのようにしたら実現できるか検討するなど、支援内容は様々です。」


---HeartCoreを熟知していないと難しい支援ですね。では、どのような業種のお客さまと仕事をしているのでしょうか?


thumbnail03

「1年以上担当しているお客さまは、ソフトウェアパッケージを販売しているIT企業で、キャロルと同じ業種です。

同業種ということもあり、お客さま自身が開発における理解も深いため、Webサイトを構築してお客さまに確認していただく際、確認基準が細かく厳しいですが、その経験から品質の高いものが作れるようになりました。

また、お客さま側もシステム開発部の方なので設計段階の話がスムーズに行えたり、お客さまがWEBサービスを提供していて、専属のインフラチームがいるため、打ち合わせでは技術的な話をすることもあり、自分の知識として身につくことも多いですね。」


---そうなんですね。お客さまからの要望は、どのように解決していくのでしょうか?


「過去のプロジェクトで似たような要望があれば、それをベースにして提案することもありますが、ご要望の実現方法が思いつかないとき、先輩方にアドバイスをもらったり、勉強会を開催して意見を募ってみたり、部署のチャットグループに質問をして、意見をもらったりと、周囲に助けていただくこともあります。

実際に勉強会で挙がった意見を元にお客さまに提案して、課題が解決できたこともあります。」


---そこから自分の中で変化したことはありますか?


「純粋に他の人の意見を聞くことで、考え方の視野が広がり、アドバイスなしでも課題解決の方法がわかるようになってきました。また後輩も増えてきたので、これまでの知識や経験を積極的に共有するようにしています。」


---得たものを周りに共有して、後輩へ引き継がれていくのはいいですね。では、今頑張っていることなどあれば教えてください。


「技術的なことにはなりますが、最近のWebサイトは表示速度などのパフォーマンスが重要ですので、いかに高いパフォーマンスを実現するか、システムやプログラムの作りの面からや、最新の技術利用を含めて、常にアンテナを張って引き続き勉強し続けています。」

※本インタビューは、2018年04月時点の内容です。